top of page

私たちについて

スポーツの力で持続可能で健康な社会を目指す

私たちは宮城県のスポーツ中核を担う目的でikuto(育人:いくと)を設立しました。

 

ikutoという名前は「スポーツを通じて人を育てる」という理念に基づいて付けられました。スポーツを通じて運動に興味を持らうこと、親子でコミュニケ-ションを取ることなど、スポーツのチカラを活用して人そのものの育成をしていきたいと考えています。アスリ-トだけではなく、多くの方にスポーツに触れる機会を提供したいと考えています。

ikutoの施設は世界に通用する規模で製作されています。また、ikutoのコーチ陣は世界を経験した人材が多く、オリンピック競技などの「世界に通用するアスリートの育成」も理念として掲げられています。

IMG_8668.JPG

​経営者

株式会社トータルサポート

代表取締役社長

遠藤尚 (えんどう しょう)

経歴

1990年7月4日千葉県船橋市に生まれ、3歳で福島県猪苗代町へ。

小学校4年生、地元リステル・スキーファンタジアで開催されたW杯でカナダのジャン=リュック・ブラッサール(1994年リレハンメル五輪金メダリスト)を見てモーグルに興味を抱く。
小学校5年生冬、チームリステルジュニアにてモーグル選手への第一歩を踏み出す。

高校在学中の2007/2008シーズンよりW杯を転戦。
2008/2009シーズンの全日本選手権ではシングルモーグル2位、デュアルモーグル4位という成績を収める。
高校2年、3年の全日本ジュニア選手権では、学年別、高校男子、総合で史上初の三冠二連覇を達成。
日本人選手としては長身で、全身から繰り出すダイナミックな滑りとスケールの大きいエアは世界でも認められている。

2009/2010シーズンではW杯開幕戦で10位となり、2010年冬季バンクーバー五輪ではモーグル日本人男子記録を抜き、見事7位入賞を果たした。

2014年ソチ五輪では決勝ラウンドに進出し15位。

2015/2016シーズンにはワールドカップで一時総合1位に立ち、日本人として初めて総合1位の選手が着用する「イエロービブ」を手にする。

2018年平昌五輪出場。決勝ラウンド進出し、15位。
その後開催された全日本選手権を最後に現役を引退。

IMG_5905.JPG
bottom of page